ウーマン

しぶとい乾燥肌の対策法|これからの時期に

効果のある美容成分

スキンケア用品

具体的な効能

肌トラブルにいい成分として、ビタミンCを思い浮かべる人は多いです。事実、ビタミンCには、肌をきれいにする色々な作用があります。例えば、紫外線で生じるメラニンの生成を抑えてくれる効果があります。そのため、シミ、色素沈着を防止して、美白に欠かせない成分です。また、真皮層でのコラーゲンの生成能力を高めてくれるので、たるみやシワの解消にもなります。それと、体のサビを排除する抗酸化作用が強いので、肌を若返らせる効果もあるのです。ただビタミンCは、化粧品の中にそのまま入れるとすぐに酸化してしまいます。また、肌への吸収もよくないので、上手く美容効果を発揮できなくなります。そのため、通常、化粧品ではビタミンCをビタミンc誘導体に変換して配合しています。ビタミンc誘導体は、熱など外部の影響を受けにくく、肌に浸透しやすいです。きれいになりたい方は、ビタミンc誘導体配合の化粧品をお勧めします。

化粧品選びのポイント

アンチエイジング効果が高いために、ビタミンc誘導体配合の化粧品は人気を集めています。ただ昨今では、ビタミンc誘導体が高濃度で配合されている化粧品が増えています。ビタミンc誘導体が多く含まれていると、実は肌へ刺激となり敏感肌になる可能性があります。なので、高濃度だからと安易に選ばずに、信頼性が高い商品かきちんと確認すべきです。また、ビタミンc誘導体入りの化粧品を使う場合、パッチテストを行うと良いです。パッチテストは、化粧水を二の腕の内側にたらして5分くらい待つだけです。テストで赤み、かぶれ等の症状がでた場合、自身に合っていない化粧品と言えます。なので、顔へスキンケアで使用するのは控えたほうが賢明です。